ソレイロリアさんの見学会に行ってみました

弊社と同じ町内で活躍される設計事務所・ソレイロリアさんの住宅完成見学会にお邪魔しました。

代表の五十嵐さんとは、勉強会グループ住学(すがく=住まいの学校)でお見かけした程度で、なかなかお話しできませんでしたが、いろいろ教えていただき とても勉強になりました。

 

以下ご報告&感想です。

広告の外観が、二階は杉板張り、一階は塗り壁風。

とても魅力的な雰囲気に、これは見てみたい!とウズウズしてしまいました。

その外観がこちら。

潔い片流れ屋根に、杉板とジョリパット(白い塗り壁のところ)が、メリハリの効いた外観を作っています。

 

玄関先、通りを抜けて奥が見えるのも、ニクイ演出。

これから造園・植栽工事が始まり、より魅力的になると想像できます。

 

内部は階段を介して1階と2階がユルく繋がり、温熱的に一室空間。

この階段前の障子を開けると、解放感が気持ちいです。

 

2階の個室は視線を絞ってあり、屋根と空しか見えないので、

隣家の視線を気にすることもありませんね。

 

屋根なりの2階。

内部は構造に素直に空間を作り、高さを抑えて広く見せる仕掛けです。

入り口や窓の枠もなるべく無くし、

スッキリとした空間づくりにご苦労されたことが良くわかります。

 

パッと見、枠がないから安くなる、

と思われるかもしれませんが、

プロの目から見ると そうではありません。

 

ドア枠や巾木(床と壁の境目についている板)といった

「線」を少しでも減らすと、とても綺麗な空間になります。

空間を大切にされている方は、

この「線」を消すことにとても腐心されます。

 

なぜなら

生活が始まると家具や生活の小物が入りますが、

多少雑多になっても、

この「線を消しておく」だけで

部屋の印象が随分と綺麗に感じられるからです。

 

もし色々なところへ見学されるようでしたら、

そんな視点で見学するのも設計者の技量を見る判断として

面白いです。

 

もちろん線を消すことがすべてではありません。

「用の美」があってのデザイン=設計なのです。

(潤)