初コラボ らしいです

大型パネル工場とFPパネル

間もなく上棟予定の

小杉のまちなか山荘

 

FPの家(弊社採用約30年)

大型パネル(弊社初!採用)

の組み合わせは

全国で初コラボらしいです。

 

今回は

・平屋 22坪

・耐震等級3

・外皮平均熱貫流率のUa値0.32w/m2k
HEAT20基準のG2(0.34)をクリア

丈夫で暖かい住まいです。

 

ここで少し解説

●FPの家

105または120ミリのウレタン断熱材を

工場でパネル化した製品。

上棟した骨組みに

パタパタと はめ込んで

断熱工事と窓の位置決めが

いっぺんに終わって便利。

気密工事と断熱工事が簡単にできて

経年劣化もほぼなし。

大型パネル工場とFPパネル

 

●大型パネル

・幅3~4m程度の壁を工場であらかじめ作って

上棟はその壁を建てていく

・一日で屋根の防水作業までできる

・ほとんどの窓が設置されてくる

・現場で行なっていた重労働を工場で済ませられる

 

大型パネル工場とFPパネル

重労働とは、狭い作業足場の間を

・重い耐震ボードの運搬・取りつけ

・重いトリプルサッシの運搬・取りつけ

・それらの狭所・高所作業

など、他にもいろいろ。

 

大型パネル工場とFPパネル

 

住宅が高性能化していく中で

現場での取り付け作業は

大工さんの負担がとても大きく

申し訳ないばかりです。

 

工場で可能な限り済ませられれば

クライアントさんにとっても

精度の高さにより

安心していただけますので

メリットが大きいのです。

 

↓出荷待ちのFPパネル組み込み大型パネル

大型パネル工場とFPパネル

 

先日、上棟に先立ち

大型パネル工場を見学してきました。

 

FPパネルと大型パネルの

組み合わせは無駄なのでは?

という疑問は一蹴され

 

すでに窓の位置が決まっている

FPパネルの大型パネル化は

メリットが大きく上回ります。

大型パネル工場とFPパネル

今後は

大型パネル工法を利用した建築を

弊社の標準施工にしようと

心に決めた瞬間でした。

 

*****

以下、建築関係者さん向けの

専門的な内容です。

 

大型パネルとFPパネルの組み合わせで

設計時の注意点はひとつ。

 

FPパネルをあらかじめ組み込んだ

大型パネルの壁途中では

金物工法のドリフトピンを

2方向打ちができませんので

構造計画時に気をつけること。

 

大型パネル工場とFPパネル

↑ドリフトピンが1方向しか打てない

 

今回は2カ所だけ

在来ホールダウンになるよう

色々やり繰りして解消しました。

 

恥ずかしながら弊社では

金物工法も初採用で

・構造計算と

・構造計画と

・大型パネルの納まりに

何度も行ったり来たり。

 

自社の課題が浮き彫りになった点でもあります。

 

課題をクリアしながら

より良い住まいを目指します。

 

大型パネル工場とFPパネル