来年の冬仕度|まちなか山荘日記

いよいよ新潟市も

空気が秋から冬へと

変わったように思います。

そんな冬の晴れ間に

来シーズンのための

薪割りをしました。

手動の薪割り機は子どもでも割れる

暮らしとは

今をこなすだけでなく

終わった季節を仕舞い、

来たる季節に想いを馳せて

準備をすること。

薪割りは、さらに

次のシーズンのためなので、

一年後に どんな暮らしが待っているか

想像しながら作業する楽しみがあります。

子どもも時折、冷やかし半分で

薪割りを手伝ったり、

作業で出た端材で

キャンプ場の真似事をしていました。

キャンプファイアをしようと薪の端材を並べる子ども

薪を割るだけで

キャンプと繋がるようになったのは

キャンプを楽しんでくれているのかな

と嬉しく思います。

あなたも

季節ごとの仕舞いや仕度を通して

次のシーズンを想像しながら

楽しんでみませんか?

*****

くらしの見学会を開催します。

「まちなか山荘 丸10年」

平成30年12月9日(日)

10時〜16時

詳しくはこちらをご覧ください。