かぼちゃランタンで小人の村づくり ありがとうございました

火の入ったかぼちゃランタン。夕暮れに暖かい灯かりが浮かび上がる

11月17日(土)に行いましたイベント、

「かぼちゃランタンで小人の村づくり」

大盛況で終えることができました。

 

ご参加いただいた皆様、

ありがとうございました!

 

イベント前夜から激しい雨に

見舞われたのですが、

点灯会の頃には雨は止み

外へ出て木々の中で

ランタンを灯すことができました。

自分が作ったランタンに火を灯す

点灯会は寒さの増す時刻のため、

温かい飲みもの

「はちみつのホットレモネード」を

ご用意しました。

熱々のホットレモネードを

みんなでふぅふぅ飲みながら

お一人ずつランタンの解説を

していただきました。

 

これはどんな小人が住んでいて

何をしているのか。

窓の大きさや形にも

それぞれ理由があったりするので

なかなか建築的で面白いです。

思い思いに考えた小人のおうち

いよいよ暗くなってくると

ご参加の方が、篠笛の演奏を

披露してくださいました。

楽しいお囃子は、

小人の村の秋祭り!といった風情で

会場の雰囲気を盛り上げて

いただきました。

Iさん、ありがとうございます!

(来年もお願いします!)

 

日本で初めての蜜ろうキャンドル工房

「ハチ蜜の森キャンドル」の

代表・安藤竜二さんに

お越しいただきました。

ハチ蜜の森キャンドル代表

まずは森のお話と、

ミツバチのお話を伺い、

自然の恵みの蜜ろうを

使ったキャンドル作りと

それを灯(とも)す為の

かぼちゃランタン作り。

キャンドルとランタンづくりの前に蜂のお勉強

皆さんは、

ミツバチがどうやって蜜蝋を

作っているかご存知ですか?

 

ミツバチが一生かかって集める

ハチミツの量をご存知ですか?

 

ミツバチの寿命をご存知ですか?

 

ミツバチは,私たちが生きて

いくうえで絶対欠かせない

生き物だとご存知でしたか?

 

恥ずかしながら、

私には

知らないことばかりでした。

蜜ろうキャンドル作りと

かぼちゃランタン作りも

無心になれる程楽しい内容

でしたが、

なによりも安藤さんのお話が

このイベントに深みを与えて

くださり、

本当に良いイベントとなりました。

*****

以下、イベントの様子。

50度ほどのお湯で蜜ろうを柔らかくします。

50度ほどのお湯で蜜ろうを柔らかくします

柔らかくなった蜜ろうで、

粘土をこねるように形を作ります。

柔らかくなった蜜ろうで、粘土をこねるように形を作ります

できた蜜ろうキャンドルは

バーナーで表面を滑らかに仕上げ。

できた蜜ろうキャンドル。バーナーで表面を滑らかに仕上げ

バターナッツかぼちゃの裏側から

中身を掘り出します。

バターナッツかぼちゃの裏側から中身を掘り出し

表面が薄くなったか

確認しながら掘ります。

表面が薄くなったか確認しながら掘る

じゃがいものくり抜き機なら

小さい子でも掘れます。

くり抜き君なら小さい子でも掘れる

バターナッツかぼちゃの

窓の抜き方のコツを教えてもらいます。

バターナッツかぼちゃの窓の抜き方のコツを教えてもらう

下書きに沿って、ひたすら掘ります。

下書きに沿って、ひたすら掘る

かぼちゃランタンの小人の家、

出来上がり!

かぼちゃランタンの小人の家、出来上がり!

かぼちゃランタンが終わった人は

カリンバで即興音楽会。

かぼちゃランタンが終わった人はカリンバで小人の曲を即興

日没直前、いよいよ

かぼちゃランタン点灯会。

日没直前、いよいよ かぼちゃランタン点灯会。

みんなで分けた火を

自分で作ったランタンに灯します。

みんなで分けた火を 作ったランタンに灯す

みんなで分けた火を 作ったランタンに灯します。

みんなで分けた火を 作ったランタンに灯します。

日没前の小人の村。

日没前の小人の村

陽が落ちて、

小人の村が浮かび上がります。

陽が落ちて、小人の村が浮かび上がる

陽が落ちて、小人の村が浮かび上がる

陽が落ちて、小人の村が浮かび上がる

陽が落ちて、小人の村が浮かび上がる

あなたも

どんな小人が住んで

どんな暮らしをしているか

想像してみてください。

 

それが あなたの

理想の暮らしかもしれませんね。

(まさよ)