建築屋的ベビーマグちゃんのススメ

無印のS字フックと使い古しのベビーマグちゃん

ベビーマグちゃんを

開発した宮本製作所の

宮本社長のお話の中で、

トイレタンクへの利用が

ありました。

 

でも宮本社長が仕込むと

いつも水が出っぱなしになって

難しいとのこと。

 

ここはひとつ

建築屋的な使い方を実践です。

 

用意するのは

S字フックと

使い古しのベビーマグちゃん。

無印のS字フックと使い古しのベビーマグちゃん

約1年で80gから40gに減りました。

外装のネットは10gとのことなので

マグネシウムは70g→30gですね。

 

タンクのフタを開けます。

シンプルな便器。壊れにくく長持ち

ここに手洗い用の吐水口がある場合は

元栓を閉めましょう。

 

すぐそばに元栓がありますので

マイナスドライバーで閉めます。

 

さらに内ブタ。

 

外すとこんな風に。

真ん中の白いフロートが水に浮いて

上下することで水を出したり止めたりする

大事な部分。

ここに触れない場所を探します。

 

見つけたのは右側のオーバーフロー管。

向きを変えて見ると、ここ。

レバーをひねって流してみます。

引っかかりがないか確認したら、

元に戻して完了です。

あとは便器内に付く黒ずみが

どのくらい遅いかを観察。

 

普段から小まめに掃除してるので、

ちょっと我慢です(笑)

 

宮本社長のお話しをお聴きした

ブログはコチラをどうぞ。

 

*****

 

建築屋にしてはオーソドックスな

便器を使っていると思われたでしょうか。

 

我が家を新築したときの基本は

「単純であること」。

 

家全体に言えますが、

使っているものは

単純で壊れにくく、

長持ちすること。

 

最初の導入費用が安く、交換も安い、

壊れても安価で修理ができる、

部品の供給が長いか代替品がある。

 

年齢を増すとともに面倒に感じる

複雑な機能に、

振り回されることもありません。

 

例えば、

お風呂に追い焚きはありません。

木の浴槽は保温性が高いので、

少しの足し湯で十分です。

 

「シンプルな暮らしはシンプルな設備から」。

 

今、を設計するのではなく

「将来」の設計を心がけています。

 

(じゅん)