【震災関連】なぜ住みながら沈下修正なのか

新潟市西区 キス釣り

【震災関連】沈下修正工事の選定
でもお伝えしましたが

弊社でお願いしております
曳家岡本さんの沈下修正工事は

お客様がお住まいになりながら
床下で作業していただいてます

ご近所さんには とても驚かれますが
理由は二つ

  1. 一時的な仮住まいは思いのほか
    肉体的・精神的にも負担が大きく
    費用面でもそれほど変わらない
    (補助金があれば話は別ですが)
  2. そもそも床をはがせない構造の家が
    多くなってきた

1.については
震災による仮住まい補助金や
リフォームの「ついで」があれば
工事の進め方を検討する際に
仮住まいを提案するかもしれません

それでも一旦
必要なものを家から運び出して
別の場所に2か月以上住むのは
容易ではないと想像しています

 

2.そもそも床をはがせない構造

かつて木造住宅といえば
土台の上に根太(ねだ)という
床を受ける木材を並べていました

その構造だと土台上に出ている
アンカーボルトのナットを
床下から潜って緩めることが出来ます

しかし近年では
土台の上にいろいろなものが載って
床下からではナットを緩められません

↓は同業者むけに説明するために描いた図

一番左 ◎現状 のところで
土台の上に厚張り合板があり
ナットを外せません

土台上げ 床下レベル確認

↑先日、作業していただいた住宅は
築14年のFPの家でしたので
土台の上に100mm厚のFP床パネルが
載っています

この断熱材まで剥(は)がすのは
費用がかかり過ぎて現実的でなく
必然的に床下で作業することになります

 

もちろん
土台上のナットを外せない時点で
別の難題があるのですが
それはまた次回
(上の図にヒントが載っています)

 

*****

新潟市西区 キス釣り

今年から子どもたちと釣りをはじめました

最初は「放課後ていぼう日誌」という
女子高校生・釣り部活のマンガを
家に置いていたら
子どもたちが見事にハマって
道具をそろえました

マンガにも書いてありましたが
「釣ったら食べる」の精神で
子どもたちも包丁を持って
魚をさばいています

今=5-6月はキスが釣れます

新潟市西区 キス釣り