神事の流れ|建築マメ知識

神社の神前 ぬさ 幣 ごへい 御幣

神事についてマメ知識

七五三や厄祓い(やくばらい)などの

儀式の内容を知っていると
長く感じる儀式も楽しめます。

神事の流れは6つ

1.修祓の儀=しゅばつ の ぎ
清めの祝詞=のりとを奏上して祓い清める
バサッバサッとするアレ

2.開扉の儀=かいひ の ぎ
神殿の扉を開けて神様に出てきていただく
「おーー」と長く言うこともある

3.献饌の儀=けんせん の ぎ
神前にお供え

4.祝詞奏上の儀=のりとそうじょう の ぎ
願いを読み上げる
願い事により内容が変わる

5.玉串奉奠の儀=たまぐしほうてん の ぎ
玉串=サカキの枝に願いを込めて納める

6.閉扉の儀=へいひ の ぎ
神殿の扉を閉めて神様にお戻りいただく
「おーー」と言うこともある

※地鎮祭など儀式によって、もっと細かく分かれていますが、ここでは省略します。

 

ここで問題

修祓(しゅばつ)の儀でバサッバサッとする
ビラビラの付いた棒を何というでしょう?

答えは「幣」と書いて「ぬさ」と言い
幣帛(へいはく)や御幣(ごへい)とも呼びます。

神楽に携わって覚えた神事の豆知識でした。

いずれ修祓(しゅばつ)の祝詞(のりと)の
内容にも触れたいと思います。

こちらも知ると面白いのです。