ココロに残る建築

心に残る建築 レインボータワー

45年間、新潟市のシンボルとして存在したレインボータワー(新潟市中央区万代)が、今年2018年8月末から解体されますね。

 

新潟市西区赤塚に住んでいましたので、子どものころは万代へ滅多に行くことはありませんでしたが、行けば親にお願いして乗せてもらい、そのたびに嬉しく、ワクワクする存在でした。

友人からも惜しまれる声が聞かれ、『こんなにも新潟で愛着を持たれた建築があっただろうか』、と考えてみても(個人的に)数えるほどしかありません。

 

旧新潟県庁舎(新潟市役所に建て替え)、新潟交通電鉄・新潟県庁前駅舎(現存せず)、日本海タワー(現存、閉館)・・・。

(あとは忘れてしまっているのか、思い出せません)

新潟交通電鉄の路面電車は、それ自体にもワクワクしましたが、路面電車とすれ違う「コト」の存在にワクワクしたものです。

 

 

自分が設計し造る住宅や建物は、さりげなく、

なるべく主張しないよう心がけていますが、

こんなふうに心に残り、

建築主をはじめ 地域からも愛着を持たれる建築でありたい、

と思っています。

そのためには、

自然素材を使った職人の手仕事によるもの、

廃番のない、いつでも修理や造り替えのできるもの、

低く抑えめの建物、

植栽による街へのおすそ分け、

それらを組み合わせる設計力の研鑽を日々心がけています。

 

木の外壁の外観 夕景
グレーの木の外壁・三角屋根が目印