ハウジングこまちさんにご紹介いただきました

平成29年12月10日に開催させていただきました「くらしの見学会・まちなか山荘10年目」に、地元住宅雑誌「ハウジングこまち」編集部の鈴木さんが来場され、ハウジングこまち編集部ブログにご紹介くださいました。

 

 

 

*****

オープンハウスといえば新築時が一般的。

まちなか山荘の吉村障子と中村好文さんのデザインの薪ストーブ
新築時の よそ行きの顔

 

でも、

弊社の提案する「まちなか山荘」は、時間が経ってからが本領発揮です。

 

お引き渡しした家が、新築時のよそ行きの顔から、年数を重ねるごとに味わい深くなった役者のような顔に変わっていくのです。

 

 

そんな途中の「顔」を、丁寧に記事にしてくださいました。

 

ぜひ、ご一読ください。

 

10年の歳月が天井や床などの木部に深みを与える
まちなか山荘10年目

※上の写真は、高崎からいらしてくださったほしかわ工務店の干川代表に撮っていただいた写真をお借りしました。