ちびっこ達の見学会

来場者に 写真で説明する 長女

学会から あっという間に一週間が過ぎました。
今回は 初めて、我が家のちびっこ達も 見学会に参加。
「お客さんが たくさん来るからね」 と話すと、
パーティと勘違いして プログラムを作り始める長女。
ちがうちがう。

そこで、子供たちに ミッションを与えることにしました。

①きちんとご挨拶をする。
②コート掛けを ご案内する。
③小さな子がきたら 仲良く一緒にあそぶ。


さっそく 役割分担をはじめ、セリフを考え、
お辞儀の姿勢まで 念入りにチェック。
「リハーサルやるよ!」と張り切る3人組。不安です。

***

そして10時、一番目の来場者です。

ちびっこ1号(総合プロデューサー)→いきなり おやつタイムに突入
ちびっこ2号(コート掛け案内)→恥ずかしがって 逃げ回る
ちびっこ3号(小さい子と遊ぶ)→自分の遊びに 夢中になる

想像以上に役に立たず・・・。

ところが そのうち、子供たちとご来場のみなさんで すごろく大会が始まり、
なんだか盛り上がって すごくいい雰囲気に なってきました。

左の和室がキッズルーム。大人も子供もゲームやトークで盛り上がる。

***
ご来場の方が増えて、解説タイムも忘れ あっぷあっぷする私たち。

ふと見ると、1号が初めて来場された方と 写真を見ながら、
楽しそうに お話をしています。

『建物の中も 一緒にまわってくれて、今も写真の解説をしてくれたんですよ。』
とのこと。もう びっくりです。

子供たちに付き合ってくださり、本当にありがとうございます。

子供の解説ですから、どんな話をしたのか ちょっと不安は残りますが・・・。
でも、もしかしたら 大人の私たちの解説より、建物の雰囲気や
暮らしの様子を 自然に感じ取っていただけたかもしれません。

我が子たちも、いたらない親を しっかりカバーしてくれて、
予想以上に いい見学会になりました。