薪ストーブピザ

天気の良い休日、ランチにピザを食べることに。

ウチでピザは、薪ストーブを焚いたときに作る冬の食べ物。

夏の暑い時期から子どもたちがリクエストしていました。

まずは生地づくりから。

生地をコネたら、休ませて発酵を待ちます。

その間に薪割り。

手動の油圧薪割り機で、子どもたちに割ってもらいます。

細く割ることで、すぐに熾火(おきび)が作れるからです。

一次発酵が進んだら、ピザ一枚ずつ作れる程度に分けて、二次発酵させます。

そして今度はお買い物。

チーズなどトッピングの具材を買い込みます。

帰ったらいよいよトッピング!

丸く膨らんだ生地を伸ばして、お好みで具材を乗せます。

「ウサギさんの形がいーい!」

パンのつもりでしょうか(笑)

熾火になった薪ストーブに入れて2分少々、

ピザのできあがり!

右上・ウサギさん、手前は鼻と目をキノコで描いた顔です。

自分で作ったピザは格別です。

「美味しい!」

とパクパク食べていました。

***

昨シーズンまではトッピングの楽しいところだけでしたが、今回は初めて子どもたちに、生地づくり〜薪割り〜生地伸ばし・トッピングまでを経験してもらいました。

お店へ行けば何でも簡単に食べられますが、食べ物ひとつ作るのに必要な手間と時間を知る、良い機会になりました。