図書館の家

圧倒的な量を収める書庫
アート作品が並ぶ玄関旅先で出会った作品を飾る圧倒的な量を収める書庫書庫 本棚に仕込んだ 通気窓スキップフロアーの眺め光と景色を取り込む 北窓冬の楽しみ 薪ストーブ畳スペースにも本棚コックピットのような書斎ワクワクする小さな階段建築の学生さんに人気の場所

設計上の留意点

図書館で暮らしたい

北側に のどかな田畑の広がる丘の上に、Sさんのお宅はあります。
白くすっきりした外観と、雪国らしい大きな風除室。
家族3人の自転車が仲良く並んでいます。

以前 Sさんご家族が暮らしていた北海道の冬は、新潟よりずっと暖かい生活でした。
その後、転勤で新潟へ。
「新潟に来たら、家の中が寒すぎて 驚きました!
でもこの家を作って、やっと北海道のような 暖かい冬の暮らしに戻れたんです」
と語る奥さん。広い風除室や 高い断熱性能を望まれた背景には、
北海道での生活がありました。

また Sさんご家族は、3人そろって大の本好き。
さらにご主人のお仕事が 海外の文学を研究する事とあって、
資料として 膨大な量の蔵書があります。
そんな Sさんご一家の要望は「図書館で暮らしたい」というものでした。
それならば 書斎だけでなく、家全体を図書館のようにしたらどうだろう。
家族が どこでも本を手に取り、好きな場所で 読めたら楽しいかも。
そんな思いから プランが始まりました。

本棚に囲まれてじっくりと。
家族の気配を感じながら畳でごろりと。
風の通る吹抜けで 足をぶらぶらしながら。
本棚の上に腰かけて(!)
Sさん ご家族らしい 住まいの完成です。

プランの始まり

お仕事仲間には「本の重さで家が傾いた」という方もいるSさん。
地盤調査の結果、Sさんの土地は 非常にしっかりした 地盤であることがわかりました。
しかし、建物の重量バランスや 地震のことも考えて、書斎と蔵書スペースは1階に。
寝室も1階を希望されていたので、LDKを二階に広くとりました。

ここは 冬の北風が厳しいのですが、見晴らしが良く、冬は畑一面の雪景色、
新緑のころは、アカシアや松など 木々の美しい緑を眺めることができます。
また、最上階のゲストルームへ通じる廊下も、吊り橋を渡るようなワクワクした気分を与え、
冬場の洗濯物も、抜群に乾かしてくれます 。

ご要望には「ちょっと大胆なプラン」というものもありました。
敷地条件などを考慮して、スキップフロアを採用した結果
『図書館並みの書斎+家じゅう図書館+二階リビング+スキップフロア』という
個性豊かな Sさんのお宅が 出来上がりました。

 

スペック

工法・仕様在来軸組み工法+FP工法
用途専用住宅
家族構成夫婦+子供1人
建設地新潟市西区
延床面積137.46㎡(41.5坪)
設計・施工山川建築事務所
備考2009年8月竣工

主な内部仕様
床 パインフロアー
壁  壁紙仕上
天井 突板張り