住居はむしろ庭の一部である

三沢浩・著「A・レーモンドの住宅物語」を読んでいます。

 

読み進めるとすぐにタイトルの言葉に出会いました。

「住居はむしろ庭の一部である」

ハッキリ言って、ガーンと頭を殴られたようです。

 

(そうだ、日本人って そうだよ!)

出先で読んでいたので 声に出すのは控え、心の中で叫びました。

 

『日本人の世界観である自然との一体感とか、自然の一部となる包括的概念を理解すべきであり、「住居はむしろ庭の一部である」という概念を理解しないで、この「スタイル」は成立しないと述べている』

(P33より抜粋)

 

「スタイル」とは「レーモンド・スタイル」のことで、レーモンドを通して編み出された住宅の和洋一体化のことです。

 

アントニン・レーモンドは1988年〜1976年を生きた建築家で、フランク・ロイド・ライトとともに来日。

戦前・戦後の滞在で日本建築に大きな影響を与えました。

 

掲載させている住宅プランを眺めると、今でも通用する普遍的な内容に唸ります。

そして、日本人よりも日本らしさを理解していることに驚きました。

 

やはり、プランの始まりは周りの自然とどうやって融合し、いかに取り込むか。

それは、現在でも変わらないアプローチであり、合理化ばかりが目立つ現在こそ必要なアプローチです。

 

新築だけでなく、たとえリノベーションであっても、周辺環境を意識したいと改めて思いました。

(潤)

雑木を配置した「小屋のある まちなか山荘」