外回りを自己チェック⑥軒裏天井

こんにちは、山川まさよです。

今回チェックするのは『軒裏天井』です。

****

チェックポイント

①シミがないか

軒裏が剥がれていないか

 

まずは建物の外から全体を眺め、

つぎに二階の窓からものぞいてチェックしましょう。

 

【シミがある場合】

直上の屋根まわりや外壁から

雨が侵入しているかもしれません。

工務店さんに一度みてもらいましょう。

 

【軒裏が剥がれている場合】

軒裏の材料は、ベニヤか

ケイ酸カルシウム板が一般的です。

これらが剥がれたり、

表面がボロボロになっている場合は

すでに劣化が進んでいるので

張替が必要です。(塗装不可)

 

軒裏の穴から鳥やネズミ、

ハクビシンが侵入して、

天井裏にエサを持ち込まれ

糞尿をされたお宅もありました。

こんな住宅街のど真ん中にハクビシン?

と驚きました。

軒裏のほか床下換気口や、基礎と外壁の

ちょっとした隙間からも侵入します。

 

いつもと違う物音を感じたら

「天井から音がする」

「二階に行くとなんだか臭いがする」

とご連絡ください。

すぐに駆除しましょう。