外回りを自己チェック②雨樋

こんにちは、山川まさよです。

今回チェックするのは、『雨樋』です。

 

今年は大風・大雪で、お客様から

「雨樋が割れた」

「外れた」

といったご連絡をたくさん頂きました。

また、大きな樹木が家の周りにある場合、

落ち葉で詰まるケースもあります。

 

チェックポイント

①樋・取付金具の破損がないか

②落ち葉やゴミが溜まっていないか

 

二階の樋はチェックしにくいので、

一階下屋(げや)の樋だけチェックします。

 

樋を下から見た状態
樋を下から見た状態

 

我が家は、玄関の樋に5センチほどズレが。

金具の錆跡で、ズレているのが分かります。

その場でグッと押して、簡単に元に戻りました。

 

近くに落葉樹があるので、

落ち葉が溜まっているかと思いましたが

思いのほかきれいで驚きました。

 

出費を抑える 工事のタイミング

20年~25年といわれている樋の寿命。

樋の全面交換には、足場が必要ですが、

足場工事は、なかなか費用が掛かります。

しかし、外壁と樋を一緒のタイミングで

工事することで、足場費用を一回分

減らすことができます。

 

樋が壊れると外れた雨樋が

隣家の外壁を傷つけ

トラブルになることも。

 

しっかりセルフチェックして、

安心して梅雨を迎えましょう。