前川國男自邸(回顧録)

「コルビュジエと大人の休日倶楽部」

の続きです。

2005年に行った

江戸東京たてもの園に移築保存されている

前川國男自邸(1942年)。

(写真はすべて2005年撮影)

外から見ると大きな三角屋根なのに

中からは三角屋根を忘れるほど

コルビュジエの影響を感じさせる

四角い空間。

戦時中の面積的な建築規制の中で

よくぞ、あれだけの空間を確保したなぁ

と驚きました。

 

階段も軽快。

 

足元を浮かせているのがポイント。

 

2階の天井は低いので、

吹き抜けが抜けすぎず、

落ち着いています。

 

2階ベッドルーム。

背丈+αくらいの高さ。

 

手すりの親柱の頭は、掴みやすく。

 

テレビや暖房機など、当時のまま。

 

玄関アプローチは、曲がって入るクランク式。

沖縄のヒンプンのようにも見えます。

 

玄関前、アプローチと庭を隔てる大谷石の塀。

あの穴が、閉塞感をなくしています。

 

右が柱、その外に障子、ガラス戸が走る。

 

見どころがたくさんで、紹介しきれません。

また機会を見て行ってみたいですね。

新しい発見がきっとあるはずです。