水と土の芸術祭の取材

こんにちは、山川まさよです。

先日ですが、朝から取材が1件ありました。

 

でも建築の取材ではありません。

新潟市主催の芸術祭、

『水と土の芸術祭』(通称・みずつち)の

公式ガイドブックの取材です。

 

代表の山川潤は、地元 赤塚神社の神楽で、

笛、太鼓、舞いを継承していますが、

今年は みずつち にも出演します。

 

神楽継承と並行して、

平成になって途絶えてしまった稚児舞いを

仲間と共に復活させて今年で9年目。

 

そこでの出会いや地域とのつながり などを、

お話させていただきました。

インタビューの最後

「山川さんのご趣味は?」と聞かれ、

しばらく悩んだのち

 

「建築・・かな。」

 

そこから建築の話がぶわーっと広がり、

最後にライターさんが一言

「本当に建築がお好きなんですね。」

と仰ったのが心に残りました。

 

そうなんです。

建築 すきなんです。