絵本で性教育|まちなか山荘日記

ちびっこ達への性教育をどうしたらよいか、

常々考えていました。

 

今までそんな話をしたことがない親が

年頃になって いきなり話し始めても

お互い恥ずかしいし。

だから話始めは、

早いに越したことはないと思って

機会があるごとに、避けずに

対話するように心掛けていました。

ところが意外にチャンスが少ない。

 

という訳で、おやすみ前の絵本の時間に

読むことにしました。

****

「わたしのはなし」

女の子の目線で、

自分の心と体を守る大切さや、

守り方を伝えています。

 

「ぼくのはなし」

自分がどのようにして

この世に生まれてきたのか。

両親の裸の絵や、

絵本じゃないと語りにくい図や話も。

 

「いいタッチわるいタッチ」

どんなタッチがいいのか悪いのか。

悪いタッチをされたとき、

どうしたら良いのか。

自分の気持ちだけでなく

相手の気持ち知るきっかけにも

なる本でした。

 

「おちんちんのえほん」

わしのはなしとぼくのはなしを

合わせたような内容。

いのちの大切さを伝えています。

****

絵本を使うことで、

大人では恥ずかしくて説明しにくい話も

きちんと伝えられたと思います。

 

うちは女の子だけですが

男の子の体と心の事も

知る必要があると考えています。

 

当の子供たちは

ちっとも恥ずかしがらず、

真剣に聞いて何度も読んでいました。

 

次はちびっこ1号用に、

成長期の心と体の変化が

わかる本を用意しようと思います。