防災リュックの確認

今日3月11日は、東日本大震災が発生して7年目。

昨日、子ども1号が小学校でも東日本大震災の話しを聞いてきたと言うので、ふと気になって防災リュックの中身を確認してみました。

気になったのは、ちょっとした食べ物と水の消費期限。

予想以上に期限が前に切れていました。

水は7ヶ月前、缶入りパンとお菓子と飴は6ヶ月前に消費期限を迎えていました。

(9月1日の防災の日が点検日だったかも)

そのくらいなら、まだ食べても大丈夫。

ちょうど、おじいちゃん・おばあちゃんの家でオヤツを食べまくってきた子どもたち、晩ご飯の代わりに食べてもらいました。

缶切り付きの保存食パン

食べながら、子どもたちに非常時の行動について話しを絡めます。

「本当に地震が来たら、最初はこれしか無いから、分け合って食べるんだよ。」

「(近所の)スーパーでも食べ物があるけど、みんなが買いに行くから、少しくらいなら買ってこれるかもね。」

防災について話しをする良い機会になりました。

実は年に数回行くキャンプも、防災の裏目的があるのですが、それはまた折りに触れ話したいと思います。