出産のお祝い

先日お孫さんが誕生した、小屋のあるまちなか山荘のお宅へ持参したプレゼントです。

実は、同じものが我が家にもあります。

リビングの写真に よく写り込んいる アレです。

15年ほど前、北海道へスキー旅行に行ったとき小樽で出会い、

山川潤が一目ぼれで買った木のペンギン。

今回は新潟の木のおもちゃ屋さん、クルテクさんで取り寄せてもらいました。

 

無塗装の木の素材感と、ペンギンのとぼけた表情。

前後に揺れながら スロープを降る様子もユーモラスで

進むたびに、カッコンカッコンと木の優しい音がします。

 

見学会で飾っておくと、年齢を問わず(0歳~大人)

みなさん夢中になって遊びます。

 

赤ちゃんでも 器用につまんでスロープに乗せ、

大きくなるとスロープを自分で伸ばしたり、急勾配にしたり

いろいろ実験して、遊びながら学んでいます。

 

木のペンギン
15年物の木のペンギン

 

激しく遊んで木が欠けたり、らくがきもありますが、

その都度直して まだまだ現役。

 

おもちゃとして長く愛され、

部屋に飾っても楽しいデザイン。

古くなるほど愛着がわき

壊れても直して使えて

いつまでも変わらない木のぬくもり・・・。

 

なんだか、私たちの家づくりみたいだな、

と今 気が付きました。