ウマくなるピザ焼き道具

潤です。

何度かご紹介していますが、

薪ストーブで焼くピザは、

我が家の冬の愉しみ。

数年前に道具を揃えてから、

とても良い焼け具合になったのを、

今さらながら実感しています。

今回はそんなお話しを。

*****

重宝している道具は

①鋳鉄の五徳

②南部鉄器の皿

使っているのは、

及源(オイゲン)という南部鉄器メーカーの、

ピアットという製品。

厚みのおかげか、

ピザ生地が焦げることは

ほぼありません。

しかし、

写真でピアットが焦げているのは、

熾火のバランスが悪く、

奥の方に寄っていたから。

持ち手が外れるので、

炉内が広くない薪ストーブには、

とても便利です。

*****

最初は「家にあるモノで何とかなるだろう」と、

オーブンレンジのトレーを使って焼いていました。

五徳もなかったので、

熾火を平らに均して薪ストーブの中に直置きすると、

熱が強すぎて底だけが焼け、

生地は生焼けです・苦笑。

レンガを積んで上げても、

トレーの薄さのせいで結果は同じ。

焼く時間を長くすると

乾燥して美味しくありません。

*****

そんな時、

知人に五徳とピアットを使っている話しを聞き、

使ってみると

とてもウマく焼けました。

結論としては、

①厚手の焼き皿を使い

②炉内温度を高くして

③焼きあがる時間が短い

と、美味しく仕上がることが判りました。

薪ストーブの大きさや種類によって、

加減がありますが、経験を積んで

より美味しいピザができたら愉しいですね!