写真展 壁を傷めず展示する

こんにちは、山川まさよです。

 

3月17日~開催する写真展の準備を

進めています。

我が家のピクチャーレールの場所は

限られているので

他の壁にどうやって額やパネルをを取り付けるか。

できれば、穴や傷は付けずに。

そして手軽にできる方法を探します。

 

粘着ラバー

我が家は、漆喰壁と壁紙仕上げがあるので

どちらでも使えるものが必要です。

そこで今回初めて、

粘着ラバーというものを 試してみました。

 

チューイングガムのような、

板状のラバーを適量ちぎり

指先でコネコネして 柔らかくします。

 

それをパネルの裏面に ぎゅっと貼り付け。

そして額ごと壁にしっかり押し付ければ完成。

 

 

お試しで一週間前に貼り付けたパネル。

まだまだガッチリ張り付いています。

はがす時もしかっりしてますが、

壁を傷めず きれいに剥がれました。

うん、いい感じ。

 

重いモノや ガラスを使った額には

落下した際の心配がありますが、

軽いものなら大丈夫そうです。

(このパネルや額は、100g程度)

 

普段のインテリアにも

幅広く使えそうなことが分かり 実験成功です。

 

今回はこれで行くことにします!