まちなか山荘日記|暮らしにアートを 壁の役目 

こんにちは、山川まさよです。

ここでは 山川建築事務所のつくる『まちなか山荘』での、なに気ない 日々の暮らしの様子を 綴っています。

****

壁は 構造のため そして豊かな心のために

壁には 家を丈夫に保つ役目だけでなく、家具を寄せたり、人の心を落ち着かせ 安心感を与える役目もあります。

さらに、好きなものを飾れば 毎日わくわくした気分で過ごせて、その様子は 訪れる人も楽しませてくれます。

そんな理由で、我が家も効果的な場所には たっぷりと壁をとりました。

 

家族や来客のあつまるリビングは、プロ・アマ(ちびっこ)問わず、たくさんの作品を飾っています。

ちびっこからは、お気に入りの新作が仕上がると「コレに変えてほしい」と申し出があります。

今日は 作品の入れ替え日。

ちびっこ3号作『おかあさん』

だいぶ、みかん食べすぎな顔のお母さんです。

ルーズリーフの穴やインデックスが、またいい感じ。

ちびっこの作品入替え
注文の多い作家さんと 作品を入替え中

 

手前の、2号作『ひげおじさん』は、保育園の習字の時間に制作。

保育園の先生が考案した図案で、習字で必要な、留め・ハネ・はらい すべて含まれています。

良く考えられています。

なによりこのインパクトが素晴らしい。

 

 

これは約5年前の様子。このころからずいぶん増えました。

 

大きな額は、壁に立てかけるだけでも絵になります。

 

自作したウクレレハンガー
自作したウクレレハンガー

 

楽器も飾ると よりいっそう楽しい気分に。

ケースから出し入れする手間もなく、気分が乗った時すぐ練習できるのも良い点。

 

この他にも、寝室やホールに絵が飾ってありますが、それはまたいずれ。