三世代リフォーム②家具のお直し

前回の記事はコチラ

今回のリフォームで一番ワクワクしたのは、50年近く使われてきたダイニングチェアのお直しと、重くて不便だった座敷テーブルを ダイニングテーブルにお直しさせていただいたことです。

ツヤツヤの塗装をはがし、オイル仕上げに。

テーブルは幅90センチ長さ150センチでしたので、6人くらいまで十分座れます。

50年近く使われてきたダイニングチェアは、おじいちゃん・おばあちゃんが結婚して家族が増え、現在の場所に平屋の家を建てた際に 買い求めたもの。

それをお孫さんが

「使いたい!」

と要望されたときは  とても嬉しく、

「大丈夫、直りますよ!」

とすぐに答えました。

背もたれの骨が何本か外れて(幸運にも保存してあった)、骨組みのつなぎ目も抜けかけていましたが、合皮の座面をファブリック生地に張り替え、骨組みを補強。

 

テーブルの脚は、横に寝かせると座卓にもなるよう新たに製作。

 

テーブルの脚の一つにアジャスターを仕込んで、天板の反りに対応。

お願いした家具職人さんの工夫で、同じ材料で目立たせないところが嬉しいです。

 

次は間取りプランのお話です。

前回の記事はコチラ

この記事の続きはコチラ