まちなか山荘日記|はじめての芽キャベツ料理

こんにちは、山川まさよです。
まちなか山荘日記では 山川建築事務所のつくる『まちなか山荘』での、なに気ない 日々の暮らしの様子を 綴っています。

 

****

先日、ナチュレ片山さんで買った まるまる一本の芽キャベツ。

子供のころ初めて食べた芽キャベツは、かわいい見た目に反して 苦いような、辛いような、アクが強くてちっとも美味しいと感じませんでした。

以来ずっと好きではなかったので、料理の仕方も分かりません。

そして子供に食べさせるには、あく抜きをしないと 間違いなく嫌いな野菜にランクインするな と思いました。

 

芽キャベツの栄養価

普通のキャベツと比べて、ビタミンCは4倍、ビタミンKは2倍、がん予防に効く 抗酸化作用の強いルテインも 高いとのこと。

なかなか優秀ですね!これはやっぱり 美味しく食べれるようになりたいです。

 

芽キャベツの下処理

芽キャベツは そのまま料理に使うと、やはり苦みがあるようです。

色々調べて 実際にやってみた方法をご紹介します。

 

①芽キャベツを茎から取る。手でポコポコ取れます。

 

一本から これだけ取れました。茎の存在感がすごい。

 

②外側の緑の皮を2~3枚はがします。これが結構苦いそう。

③おしりのほうを少し削いで、十字に切り込みを入れます(深めに)。

④お湯に塩を一つまみ。2~3分茹でて下処理完了です。

 

 

料理

今回はパスタにしました。

ベーコン、じゃがいも、芽キャベツのオイルパスタ。

じゃがいもに しゃっきり感が残るくらいが 美味しいです。

あく抜きがうまくいき、ちびっ子たちも「おいしい!!」と芽キャベツを選んで食べてくれました。大成功!

残りの芽キャベツは そのままマヨネーズをつけたり、簡単に 塩とオリーブオイルを振るだけでも 十分美味かったです。

 

茎も使おう

茎が立派だったので、これも使います。

ブロッコリーの芯のように 簡単にできると思ったら大間違い!外側がめちゃめちゃ固い。

根本の太い部分は、のこぎりを使いたくなるレベルです。

包丁で切れるところまで ぶつ切りにして、皮をそぎ落とすと、こんなに小さくなりました。

大トロ並ですね!

細かく切って スープやシチューに入れると 歯ごたえも楽しめ、美味しいです。