ナチュレ片山に行ってみた

こんにちは、まさよです。

以前から、食の安全には気を配っていましたが、昨年11月、
自然栽培の野菜を扱うスーパーマーケットのオープン情報が入ってきたので、行ってきました。

場所は新潟市東区。
私の住む西区からは 車で25分くらい。

入り口を入ると、新潟で見たどの自然食品のお店よりも
格段に広くて 洗練された店内に驚きます。

入り口の一番近くが、野菜のコーナー。
季節柄、野菜の種類は少なめでしたが、自然栽培、有機栽培、低農薬栽培の
野菜やお米、豆、自然卵などが 並んでいました。
そしてその奥には、冷凍食品のショウケースがズラリ。数えませんでしたが、50~60台はあったと思われます。

中身はすべて、オーガニック野菜や 薬を使わずに飼育した 豚牛鳥肉、
それらを使った お総菜などの加工食品でした。

その種類の多さに とにかくびっくりで、一つ一つ眺めるだけで あっという間に 時間が過ぎます。

元酒販店なので、奥には広いワインコーナーと輸入チーズが充実していました。
詳しい説明を受けながら試食もしてきました。(買わなかったけど)

****

今回の戦利品。

普段、冷凍食品は買わないのですが、いろいろお試しに。
鶏肉、豚肉、ベーコン、ナゲット(ちびっこ弁当用)、グリンピース、コーン、ミックスベリー
味噌、卵、小松菜、春菊、レタス、人参(4種)、芽キャベツ

人参は品種と色の異なる4種類が入っていて(オレンジ、白、黄色、濃い紫)
芽キャベツは一本まんまで売っていました。
これはちびっこに見せたら面白そう!というわけで、よいしょとカゴに入れます。


さっそく、帰宅した長女に見せると

芽キャベツを見て「、、、ブロッコリー???」
紫の人参は「、、、ごぼうでしょ?」
どっちもハズレです。


普段お店では、大きさのそろったものが売られます。
でも実際は同じ茎に実っていても、茎の根本と先端ではこんなに大きさが違います。
みんないろいろ、野菜も人間もいろいろある、なんてことを感じてもらえたらなと思います。
深いですね!

****

ちなみに、ナチュレ片山さんの建物は、延べ床3000㎡の木造で、
世界最大級のログハウスだそうです。

トイレの洗面下を覗くと、うん確かに木造。
(建築士ってこんなとこばっかり見てるんです)

「すごいな。。。」とトイレで独り言。

健康と環境への影響を考えてのことだそうですが、その本気度合いも伝わってきます。

また、2階には服飾雑貨、インテリアショップ、カフェ、レストラン(来春OPEN予定)
が入っていて、ライフスタイルをトータルで提案するお店になるそうです。

気になる2階のレポートは、次回お届けします!